松山市の歯科医院(歯医者)、フォレスト歯科クリニックでは一般歯科、小児歯科、口腔外科などの診療を行っています。

虫歯

虫歯とはミュータンス菌(ミュータンス連鎖球菌)による感染症です。細菌が産生した酸によって歯質が溶かされていく病気です。


1、歯表面のプラーク(磨き残し)内にミュータンス菌が入り込み、バイオフィルムを形成します。


2、このバイオフィルムは強い粘着性とバリア性を持ち、その中で細菌は増殖するため酸産生量も多くなり、歯は容易に虫歯になるのです。
ちなみに歯の表面(エナメル質)はpH5.5で溶けだします。また、溶かされるとは、歯質内のカルシウム成分が溶け出すことです。


mushiba_img1.jpg


3、上記の図のように、虫歯ができるには細菌(病原要因)、砂糖(環境要因)、歯質(宿主要因)の3つが必要です。
虫歯にならないようにするには、ブラッシングやクリーニングにてプラークやバイオフィルムを除去して細菌量を減らし、砂糖摂取を控え、そして歯質を強化することが大切なのです。


mushiba_img1.jpg

4、このように歯は溶かされるのですが、逆に再生もします。唾液内のカルシウムイオンが、溶け出た歯質に反応して元にもどる(再石灰化)のです。
ただしこの再石灰化が起こるには、食後の歯磨き後、口腔内が中性である必要があります。


5、また、再石灰化が起こるための大事な条件に、食事の食べ方があります。

mushiba_img1.jpg


口腔内に食べ物があれば歯は溶け、なければ歯は再生する。なので、食べる食べないのリズムを規則正しくすることが大切です。

TOPへ戻る

Google