松山市の歯科医院(歯医者)、フォレスト歯科クリニックでは一般歯科、小児歯科、口腔外科などの診療を行っています。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは?

マイクロスコープ(手術用顕微鏡) は、文字どおり拡大装置です。


私たちが治療する口腔内は非常に狭く、また歯も小さいため、実像より大きく拡大して治療することができます。 肉眼の約20倍まで拡大できるため、より細かい確実性の高い治療を可能にしました。

マイクロスコープとは?

どう見えるの?

例えば肉眼と顕微鏡での見え方の違いを示しました。


microscope_img2.jpg


銀歯の境目や歯石、根っこの状況まで確認できるのがわかると思います。 特にクラック(ひび割れ)は見落としがちなので要注意です。


microscope_img3.jpg

メリットをまとめました

虫歯や感染歯質など悪い部分を確実に除去できる
歯の削除量を少なくできる
詰め物を正確に合わせることができる
難治性の病変を治せる可能性が高まる
歯周治療にも有効
歯の保存の可否も早く判断できる


以上より、マイクロスコープの有効性を説明させていただきました。


今までは有効な拡大装置が少なく、必要以上に歯を削ったり助けられる歯を失ってきました。
これからはより多くの歯を救い、また確実な歯科治療のため、マイクロスコープとルーペを使用して皆様のお口の健康に貢献していきます。

TOPへ戻る

Google