松山市の歯科医院(歯医者)、フォレスト歯科クリニックでは一般歯科、小児歯科、口腔外科などの診療を行っています。

歯科用CT

歯科用CTとは?

CTとは簡単に言うと立体的に撮影できるレントゲン装置です。
歯科用は医科用CTに比べてX線量が少なく、体への負担も少なくなっています。

歯科用CTとは?

どう見えるの?

画像にあるように正面、横面、縦面と3断面を撮影できます。

どう見えるの?

また、立体画像(3D)もとてもリアルに見ることができます。

さらに今までは分かりにくかった歯の表面の骨がはっきりと確認できます。 歯の内部にある細い根も顎の中にある神経や血管の走行も調べられます。
ct_img3-2.jpg

メリットをまとめました

  • ・医科用CTに比べて、X線被爆量が少ない(医科用CTの1/10以下)
  • ・撮影時間が短い
  • ・一般歯科治療にも気軽に資料として利用できる
  • ・一部保険適応
  • ・インプラントなど外科治療には必須
  • ・データ化できるため診断ソフトによる精密診断が可能
メリットをまとめました

まとめ

以上より、CTは診断機器として非常に優れたものであり、現在の歯科治療において欠かせない存在です。
これから可能な限り歯を残す時代ですし、逆に歯が残っていく時代です。
歯を残すにも、抜歯するにもしっかりとした情報が必要です。CTや顕微鏡を積極的に利用して、治療の確実性を高めていきます。

TOPへ戻る

Google